EMSのすべて

シックスパッドでおしりを鍛える!使い方やヒップアップ方法を解説

「最近、おしりがたるんできた…」
「シックスパッドはおしりに効果があるの?」
「痩せたい…」

EMS機器として人気な「シックスパッド」。サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手が出演するCMでも有名です。ダイエット中の男性・女性の中には、このシックスパッドがおしりのたるみに効果があるのかどうか気になる人も多いのではないでしょうか?

この記事では、シックスパッドがおしりのたるみに効果があるのか、そもそものおしりがたるんでしまう原因やその解消法を紹介いたします。

シックスパッドをおしりに使えるとは公式には言っていない

スポーツウェアの男性
筋肉に電気刺激をするEMS機器「シックスパッド」は、公式におしりに使用できるとは言っていません。

シックスパッドの取扱説明書に書かれている使用できる部位は、「お腹」・「横腹」・「腕」・「太もも」の4つです。一方で使用できない部位として、「胸部」(胸筋など)「肩甲骨などの心臓の周辺」「首から上の部位(頭・顔など)」の4つを挙げています。

よって、シックスパッドはおしりに使用できないとは言っていませんが、使用できるとも言っていないのです。

シックスパッドでおしりの筋肉を刺激するための使い方・注意点

注意点を説明する女性
公式サイトでもおしりに使えるとも使えないとも言っていないシックスパッドですが、本当におしりの筋肉を刺激することはできないのでしょうか?

効果が出るかどうかには個人差がありますが、様々なブログや口コミにあるように多くのシックスパッド使用者が実際におしりにも使っています。

本来、お腹や太ももに使うシックスパッドをどのようにおしりに使うのでしょうか?使用方法と共に注意点も紹介いたします。

シックスパッドのおしりへの使い方の4つのポイント

シックスパッドでおしりを刺激する場合、「Abs Fit(アブズフィット)2」や「Body Fit(ボディフィット)2」を使っていることが多いです。その中でも「Body Fit2」の方が羽のような形になって体にフィットするので、使用する方が多いようです。

通常ウエストや腕(二の腕)、太ももの刺激に使うシックスパッドをおしりに使う場合には通常の使い方と違うポイントがあります。実際に使用する前に正しい使い方をチェックしておきましょう。

(1)シックスパッドはおしりと太ももの間に密着させて貼る

おしりと太ももの間
シックスパッドを使用する際には、お尻と太ももの間の位置に本体・ジェルシートが肌に密着するように貼りましょう
お尻の上の方の場所に貼ってしまうと腰まで電気刺激をしてしまい、ケガをしてしまう可能性があります。シックスパッドの説明書には「背骨(脊椎)には使用しないでください」とあるため、避けるようにしましょう。

また、お尻から離れて下の方にいき過ぎてしまうとおしりの筋肉(大殿筋)に電気刺激が届かなくなってしまうので、お尻と太ももの間に貼るようにしましょう。

そして、おしりは他の部位に比べて脂肪が厚いため、肌に密着させて貼らないとお尻の筋肉まで電気刺激をすることができません。そのため、自分なりに肌に密着するようにシックスパッドをしっかり貼りましょう。

(2)シックスパッドのおしりへの使用は1日1回(23分)まで

シックスパッドでのおしりの筋肉への刺激は、取扱説明書にあるように1日1回(23分)までにしておきましょう。シックスパッドのトレーニングプログラムは1回23分ですので、電源を入れて、自動的に終わるのを待ちましょう。

同じ箇所に繰り返し使ってしまうと、筋肉疲労を起こしてしまうため避けるようにしましょう。1日に同じ箇所に複数回使うのではなく、毎日1回の回数を守り、継続的に(2ヶ月から3ヶ月以上)使用していくと効果を実感しやすくなるでしょう。

(3)お風呂に入る前に横になりながらシックスパッドを使う

横になる女性
シックスパッドの睡眠中や入浴中の使用は控えましょう。また、体が乾いた状態でないとジェルシートがうまく密着せず、効果が半減してしまいます。汗をかいた運動後やお風呂の後の使用は控えましょう。

よって、お風呂に入る前にベッドやソファに横になりながら使うと良いでしょう。

(4)最初の使用は弱いレベルから始める

シックスパッドを使って初めておしりの筋肉に電気刺激をする場合には、弱いレベルからスタートしましょう。

いきなり強いレベルで刺激をしてしまうと、痛みが生じたり、使用後の筋肉疲労を起こしてしまう可能性があります。使用する際には、15段階ある強さのレベルの中で比較的弱いレベル1~2に設定しましょう。

弱いレベルに慣れてきたら、痛くない程度にレベルを少しずつあげて調節していきましょう。

シックスパッドを使用する際の2つの注意点

(1)肌に合わない時には無理に使わない

シックスパッドを体に貼り付ける時に使用するジェルシートや、EMSの低周波の刺激が肌に合わない場合があります。

無理に使い続けると肌トラブルを起こす危険性もありますので、肌に刺激や異常を感じた時には使用を中止し、皮膚科などに受診しましょう。

(2)体調不良時には使用を控える

体調不良時にはシックスパッドの使用を控えましょう。筋肉を鍛えることは、それだけ体に負荷をかけることですので、疲れがたまっている時や病み上がりの時にシックスパッドを使用すると、体調が悪化してしまうことがあります。

シックスパッドよりもおしり専用のスレンダートーン「ヒップショーツ」がいい理由

ヒップショーツと外箱
シックスパッドは主にお腹や横腹、腕や脚に効果的な商品で、効果のある部位としておしりについては説明されていません。
そのため、効果があるかどうか、デメリットや副作用は不正確であると言えるでしょう。

一方、ショップジャパンが販売をするEMS機器・スレンダートーンの「ヒップショーツ」はおしり専用の商品です。シックスパッドのように他の部位向けに作られたのではなく、おし専用であるのがこのヒップショーツです。詳しくし紹介いたします。

おしりが大きく見える・垂れる3つの原因

おしりは気がつかない内に垂れてしまいます。まずは、そもそもの原因について解説いたします。

【原因(1)】大殿筋の筋力の低下

大殿筋
おしりが垂れてしまう一番の原因が、大殿筋の筋力の低下です。
おしりの筋肉である大殿筋の筋力が低下してしまうと、脂肪がついてしまい、おしりが垂れてしまいます。大殿筋の筋力の低下は、加齢や運動不足などで起こってしまいます。

そもそも大殿筋とは、体の中でに一番の面積がある筋肉です。その働きは、股関節の伸展・内転・外転・外旋に関係します。
足を伸ばしたり、開いたり、閉じたりする動きに必要な筋肉です。

ですので、お尻が垂れてしまっている人にはこの大殿筋への刺激が必要です。トレーニングやエクササイズ、シックスパッドなどのEMS機器などによる刺激がおすすめです。

【原因(2)】骨盤や姿勢がゆがんでいる

猫背の女性
運動不足による筋力低下で、骨盤や姿勢が歪んでしまうこともおしりが大きくなったり、垂れてしまうことの原因となります。

特に多いのが猫背や脚を組む癖がある方です。

猫背になっている人は、骨盤が後ろに傾いてしまっています。(骨盤の後傾)。通常、腿裏の筋肉は立つときには伸びて、座るときには縮んでいます。骨盤が後傾していると、腿裏の筋肉が立っているときに縮み、座るときにさらに縮んでしまい、扁平尻という垂れたお尻になってしまいます。

 また、長時間脚を組んでしまうと、座面の左右にかかる圧力に違いが出てしまい、骨盤の歪みを生んでしまい、結果的にお尻が垂れてしまうでしょう。

そして、女性に多いのが出産後に開いた骨盤をそのままにしていているケースです。骨盤を開いたままにしておくと、お尻が横に広がって大きく見えてしまいます。そのため、この場合には骨盤矯正のベルトなどの使用がオススメです。

【原因(3)】脂肪がつきすぎている

お尻のたるみが気になる女性
おしりに脂肪がつきすぎることは、おしりの垂れの原因となります。おしりに脂肪がつく原因は食べ過ぎなどの不摂生による肥満のほかにも、加齢などが原因による代謝の低下があげられます。

そのため、肥満が原因の場合には生活習慣の見直しをしましょう。代謝の低下が原因となる場合には運動やEMS機器の使用などで筋肉刺激をして代謝の向上を促すと、効率良く脂肪低下に向けたトレーニングを行うことができるでしょう。

スレンダートーン「ヒップショーツ」は大殿筋を刺激する

ヒップショーツ
ショップジャパンで販売されているスレンダートーンシリーズの「ヒップショーツ」は、充電式でパンツのように履いて筋肉刺激をする製品です。

スレンダートーン「ヒップショーツ」は、お尻が大きく見えたり垂れてしまう一番の原因である大殿筋への刺激を行います。シックスパッドのように機器を肌につけるのではなく、ショートパンツのように履くようなタイプになっています。
スレンダートーン「ヒップショーツ」について、詳しく説明します。

【価格】ヒップショーツは24,800円(税抜)で購入可能

スレンダートーン「ヒップショーツ」は、24,800円(税抜)・送料無料で販売されています。一方で、シックスパッド「Abs Fit2」は25,800円(税抜)・送料無料、「Body Fit2」は19,800円(税抜)で販売されています。

スレンダートーン ヒップショーツ ¥24,800(税抜)
シックスパッド Abs Fit2(アブズフィット2) ¥25,800(税抜)
Body Fit2(ボディフィット2) ¥19,800(税抜)

【性能】ヒップショーツは広範囲の筋肉を刺激する

ヒップショーツなどのスレンダートーンには特許取得のC.S.Iテクノロジーという独自の性能をもっています。これは、ショーツで覆っている筋肉だけではなく、その周りの筋肉まで広範囲に引き締めることができるのです。そのため、太ももの裏やお尻の筋肉(大殿筋)を刺激することができるのです。

また、このテクノロジーはインナーマッスルへの効果も期待できます。通常の腕立て伏せや腹筋などの筋トレ(筋肉トレーニング)で鍛えるアウターマッスルと呼ばれる身体の外側を覆っている筋肉ではなく、身体の中心に近い部分の小さな筋肉のことをインナーマッスルといいます。アウターマッスルも重要ですが、引き締め効果を期待する方にはインナーマッスルへの刺激も必要になります。

おしりを鍛えるには正しい方法でシックスパッドを使う

女性のお尻
シックスパッドの特徴とおしりへの貼り方や使い方、ほかのトレーニング法についてご紹介しました。ここでポイントをまとめておきます。

  • シックスパッドはおしりに効果があるとは公式には言っていない
  • シックスパッドをおしりに使っている人もいて、Body Fit2を使っている人が多い
  • シックスパッドは肌に密着させて、1日1回(23分)お風呂に入る前に横になりながら使う
  • 肌に合わない時・体調不良時は使用を避ける。
  • スレンダートーンなら、おしりと太もも周りの筋肉を鍛える専用EMS「ヒップショーツ」(女性専用)がある。

ダイエットをされている方は、食事制限や筋トレ、ランニンングなど様々な方法を試しているかと思います。
なかなか結果が出ない、仕事が忙しくてジムに行く時間やタイミングがないと悩んでいる方には、是非ともシックスパッドやスレンダートーンなどのEMSの使用をオススメします。

今回、紹介した情報を参考に効果的に大殿筋を鍛え、キュッと引き締まった魅力的なヒップライン・ヒップアップを目指しましょう。

【女性用】
スレンダートーン
「ヒップショーツ」

  • ◆特許取得の独自性能「C.S.Iテクノロジー」を採用!

    ◆EMS機器市場5年連続売上金額No.1!!

    ◆世界販売台数900万台突破

ヒップショーツを詳しくみる

【関連記事一覧】
シックスパッドに効果がない?正しい使い方や使用上の注意点を解説!
【女性必見】シックスパッドで太ももを引き締めるための方法を解説!
腕を鍛えるのに適したシックスパッドの種類と使い方&貼り方を解説
シックスパッドの腹筋への効果|口コミ、特徴、使い方を解説
シックスパッドの腰痛予防効果&利用が有効な人とそうでない人

TOP