EMSのすべて

シックスパッドは腰痛予防に効果ある?腹横筋を鍛えるのが良い理由

「シックスパッドは腰痛の改善に効くの?」
「腹筋を鍛えるとなぜ腰痛を軽減できるの?」

サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手がメインキャラクターとなり有名な「シックスパッド(Six Pad)」。腰痛を現在抱えている方や腰痛予防を考える方の中には、シックスパッドは腰痛に効果あるのかが気になる人がいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、そもそも腰痛とは何か、腰痛の原因、腰痛を改善するためにはどのような方法があるのかを踏まえたうえで、なぜシックスパッドが腰痛に効くといわれているのかについて解説していきます。

腰痛のタイプと腰痛が起こる3つの原因

腰痛とは、疾患のことではなく腰を中心として不快感や痛み、はりのことを指す総称です。

厚生労働省の発表している「社会福祉施設における安全衛生対策マニュアル~腰痛対策とKY活動~」(2009年11月版)によると、腰痛には種類があり、X線やMRIなどの画像や医師の診察によって、どの部分の負傷で腰痛を引き起こしているか特定できる「特異的腰痛」と、特定できない「非特異的腰痛」に分けられます。

特異的腰痛には、腰痛の代表ともいえる「腰椎椎間板ヘルニア」や腰部脊柱管狭窄症などが分類されます。その割合は医療機関を受診する腰痛患者の15%を占めます。

椎間板ヘルニア
椎間板が何らかの原因で突出あるいは脱出し、腰の神経を圧迫することによって痛みを引き起こす疾患。椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
腰椎(腰骨)が加齢によって変化することで、腰の神経を圧迫されることにより起因する疾患

では、腰痛はどのような原因で引き起こされるのでしょうか。

厚生労働省の「職場における腰痛予防対策指針及び解説」によると、腰痛を引き起こす原因として考えられるのは、主に「動作要因」「環境要因」「個人的要因」の3つです。それぞれ具体的にみてみましょう。

【原因(1)】動作要因

動作要因とは、腰部に動的あるいは静的に過度に負担を加えるもののことを言います。
腰痛の原因がこの動作要因であると考えられるのは、以下のような人です。

  • 重いものを頻繁に取り扱う
  • 腰を深く曲げたり、ひねったりすることが多い
  • 長い時間同じ姿勢で仕事をする

主に仕事で上記のような動作をすることが多い人は、これが原因と考えられます。

【原因(2)】環境要因

腰部に振動が加わること、冷えること、床や階段で転倒することによるものを環境要因と言います。

  • 身体が寒冷にさらされる
  • 車の運転などの全身振動に長時間さらされる
  • 職場が乱雑で、安全な移動が困難

【原因(3)】個人的要因

原因の中で色々なケースがあるのがこの個人的要因です。年齢や性別、体格・筋力の違いや腰椎椎間板ヘルニアなどの既往症、基礎疾患の有無や精神的な緊張が個人的要因に当てはまります。

  • 慢性化した腰痛を抱えている
  • 年齢とともに痛みが続く
  • 腰が痛い時でも休憩が取れない
  • 仮眠できるところがなくて満足な睡眠が取れない
  • 夜間勤務が長い・夜勤回数が多い
  • 急いでいるため、一人での作業が多い

腰痛を改善したいなら腹筋のインナーマッスルを鍛えるべき

前述のように、腰痛には様々な要因があります。その痛みを解消するには、どのようなトレーニングをすると良いのでしょうか?
それは、インナーマッスルを鍛えるトレーニングです。

インナーマッスルには姿勢調節・関節の保護安定の役割がある

インナーマッスルとは、身体の中心に近い所にある筋肉のことを言います。

筋トレとして有名な腕立て伏せやシットアップと呼ばれる腹筋運動では、身体の表面を覆っていて体を動かす動力源となるアウターマッスルを鍛えることができます。一方で、インナーマッスルは身体の中心にあって姿勢を調節したり、関節の保護や安定をさせる役割を担っています。

このインナーマッスルは腹筋で言う外腹横筋・内腹横筋・腹横筋のことを指し、それ以外の腹直筋がアウターマッスルとなっています。

シックスパッドを腰痛に使う前に知っておくべき3つのこと

ポイントの女性
腰痛にシックスパッドが効く、と耳にしたことのある人もいるでしょう。シックスパッドはどのような腰痛に効くのかについてみていきます。

シックスパッドの利用を避けるべき人

腰痛を引き起こす要因によっては、シックスパッドを利用しないほうがよい場合もあります。以下に当てはまる場合には、使用を避けるようにしましょう。

  • 骨粗しょう症の人
  • 特異的腰痛(圧迫骨折や感染性脊椎炎・癌の転移・大動脈瘤・内臓疾患など)
  • 椎間板ヘルニアの痛みが強い人
  • ぎっくり腰になったばかりの人

シックスパッドの取扱説明書には、「骨粗しょう症など、骨に以上のある方は、必ず医師にご相談のうえ使用してください」と書かれています。そのため、骨粗しょう症の方が使用される場合には必ず医師に相談するようにしましょう。

「特異的腰痛」のもととされる、圧迫骨折や感染性脊椎炎、癌の転移、大動脈瘤、内臓疾患などが原因になっている場合は、シックスパッドを利用して筋力をつけることが腰痛の改善につながると期待することはできません。痛みのもととなっている疾患を根本から治療する必要があるでしょう。

また、椎間板ヘルニアで痛みが強い人や、ぎっくり腰を引き起こしたばかりの人などは、患部が炎症を起こしている可能性があります。その場合はシックスパッドの利用を控え、まずは安静にして痛みの様子を見るようにしてください。無理に動かすことで、痛みを悪化させてしまう可能性があります。

腰痛の症状がひどい場合には医師と相談

慢性的に腰痛を持っている人もそうでない人も、腰痛の症状がひどくつらい場合は自己判断せず、医師に相談しましょう。

「ただの腰痛」だと思っていても、内臓疾患や癌の転移など何らかの疾患が腰痛の原因となっている可能性があります。この場合、早期発見が重要となります。

また、「いつもの腰痛だから大丈夫」と甘く見ていたら、ぎっくり腰が慢性化してしまった、ヘルニアになってしまった、ヘルニアが悪化して手術が必要になってしまった、ということも考えられます。

痛みの症状が強かったり、足などにまで痺れや麻痺を強く感じたりする場合などは、病院を受診しましょう。また、しばらく安静にしていても日ごとに痛みが強くなる場合なども同様です。

シックスパッドの使用が効果的な人

シックスパッドは、EMS(Electrical Muscle Stimulation・筋電気刺激)が、筋肉に直接働きかけることによってトレーニングをするマシンです。すなわち、腰痛改善を目的として作られたものではありません。
しかし、前章で述べたように、個人的要因の一つである筋力の低下や、筋肉不足などによって引き起こされる腰痛には有効だと考えられます。

以下のような人は、シックスパッドによって腹筋を刺激すると良いでしょう。

  • 年齢によって筋力が低下した人
  • 運動不足によって筋力や筋肉量が低下した人
  • 姿勢が悪い人

腹筋やインナーマッスルなどの力が弱ることで引き起こされる腰痛は、上半身を腹筋と背筋を使って支えることができず、背筋だけで支えようとして腰に負担がかかることが原因となっていることが多く見られます。この場合、シックスパッドで腹筋を鍛えることによって、上半身の重みを腹筋側でも支えることができるようになり、腰痛の改善につながると考えらます。

しかし、シックスパッドは腰痛を改善することを目的として作られたものではないので、腰痛にならない筋力をつけることを目的として使用するのが好ましいでしょう。

シックスパッド以外で腰痛を予防・軽減させる2つの方法

シックスパッド以外で腰痛を予防したり軽減させたりする方法はあるのでしょうか。解説していきます。

(1)姿勢改善をする

姿勢のいい女性
腹筋が弱いことによって、背筋や腰に負担がかかり腰痛を引き起こすと考えられます。すると、身体は無意識のうちに痛い部分をかばおうとして、別の部分に力が入ったり負荷がかかったりしてしまいます。

その負荷のかかった部分の筋肉はだんだんと固くなっていき、身体のバランスを崩します。バランスが崩れる、すなわち、おかしな姿勢をとることになり、さらに腰に負担をかけてしまうようになります。姿勢を改善することによってこの悪循環を断ち切りましょう。

また、長時間椅子に座っていたりパソコンに向かっていたりすると、気づかないうちに同じ姿勢を続けていることがあります。これは、身体の筋肉を緊張させ、血行不良につながります。血行不良はさらに身体を固くしますので、適度なストレッチを加えながら姿勢を意識するようにしましょう。

(2)運動・ストレッチをする

ストレッチも有効です。いくつかその実践方法をご説明しましょう。

【方法(1)】太ももの裏を伸ばす

太ももを伸ばす女性
胸を張って足を腰幅に開き、右足を半歩前に出す。その姿勢から、左ひざを曲げておしりを後ろに引き太ももの裏が伸びていることを実感する

【方法(2)】スクワット

スクワットをする女性
つま先とひざは少し外側を向くよう意識して、腰幅より広めに足を開く。そのまま椅子に座るようにおしりを後ろに引く。かがむときに息を吸い、立つときに息を吐くのがポイント。

【方法(3)腹筋を鍛える

腹筋をする女性
仰向けに寝て膝を立て、腰幅に足を開く。おへその位置にタオルを載せ、息を吐きながらお腹をへこませ、ゆっくり戻す。タオルなどを腰の部分に敷いて腰が反らないようにするのがポイント。

また、運動によって血行を促進するのもよいでしょう。

シックスパッドの購入方法

ネットショッピングする女性
次に、シックスパッドの購入方法について紹介いたします。

腹筋専用のシックスパッドを購入する

一口にシックスパッドといっても、鍛えたい部分によってさまざまなタイプのものが販売されています。腹筋を集中的に鍛えるための「Abs Fit2(アブズフィット2)」、腕を集中的に鍛える「Arm Belt(アームベルト)」、ウエストや腕、脚など気になる部分にフィットする「Body Fit2(ボディーフィット2)」など、目的の部分によってウィングの形状が変わります。

腰痛の予防と軽減を望むのであれば、腹筋を集中的に鍛える「Abs Fit2(アブズフィット2)」がよいでしょう。

腹筋にぴったりマッチするようデザインされた、6つのウィングが発するEMSによって効率的に腹筋に刺激が与えられます。また、電池式でコードがなく、薄くて軽いため手軽に利用できます。アプリと連動させることによってスマホなどで日々のデータを記録することも可能です。

シックスパッドは公式サイトで購入しよう

シックスパッドは、公式オンラインショップや楽天市場やAmazonなどのインターネットでの販売と、実店舗での販売をしています。腹筋を鍛える「Abs Fit2(アブズフィット2)」であれば、25,800円(税抜)で購入することができます。

Abs Fit2(アブズフィット2) ¥25,800(税抜)

お得に手に入れたいと思うならば、公式サイトから購入することをおすすめします。

シックスパッドはオンラインショッップやAmazonなどの通販の方が安い、あるいは実店舗の方がお得に購入することができるという訳ではありません。しかし、公式オンラインショップであれば送料・代引き手数料無料で購入することができ、定期的に交換が必要なジェルシートを安く購入することができます。

シックスパッドとスレンダートーンの比較

スレンダートーン アブベルト
シックスパッドと同じくらい有名なEMS機器にショップジャパンが販売をするスレンダートーンという商品があります。この2つには、メーカーの違いだけでなくさまざまな違いが見られます。ここでは、腹筋に効果的なシックスパッド「Abs Belt2(アブベルト2)」とスレンダートーン「アブベルト」のそれぞれの独自性能を比較してみましょう。

【性能】スレンダートーンはインナーマッスルへの効果が確認されている

スレンダートーンは、特許取得の独自性能「C.S.Iテクノロジー」という技術を採用しています。これは、巻きつけている筋肉だけでなくその周りの筋肉を広範囲に刺激することができる技術になります。

また、スレンダートーンのC.S.Iテクノロジーによって先ほど紹介しました腰痛に効果的なインナーマッスルを刺激することが可能になります。豊橋創造大学大学院の後藤勝正教授の協力による実験でお腹の正面の筋肉だけでなく、脇腹の筋肉まで動いていることが確認されました。

一方で、シックスパッドは20Hzという低周波で筋肉を刺激することが特徴です。これは、京都大学の森谷敏夫名誉教授による研究で「筋肉を効率的にトレーニングできる周波数は20Hzである」と実証されたデータによるものです。また、低周波特有の痛みを独自の波形によって解決しました。そして、クリスティアーノ・ロナウド選手のトレーニングメソッドを採用して、これら3つを掛け合わせたコアテクノロジーである「CMM Pulse」を実現しまた

【価格】シックスパッドよりもスレンダートーンはお得!

スレンダートーン
アブベルト
シックスパッド
「Abs Fit2」 
19,850円(税抜) 25,800円(税抜)

シックスパッド「Abs Belt2(アブベルト2)」とスレンダートーン「アブベルト」のそれぞれは、上記の価格で販売されています。スレンダートーンより5,000円程度お得に購入することができます。

まとめ|インナーマッスルを鍛えて腰痛解決

ここまで、腰痛の原因とEMS機器・シックスパッド、スレンダートーンについて見てきました。
今回の記事のおさらいをしましょう。

  • 腰痛には医師の診断で要因を特定できるものとそうでないものがある。
  • 腰痛の原因として考えられるのは、「動作要因」「環境要因」「個人的要因」の3つ。
  • 腰痛を改善するには、インナーマッスルを鍛えるといい
  • シックスパッドの使用がNGな場合があるので要チェック
  • 腰痛の種類によっては、腹筋を鍛えることで腰痛の予防、軽減が期待できる。
  • 腹筋を鍛えるためにはEMS機器がおすすめ。
  • スレンダートーンにはインナーマッスルへの効果が確認されている

シックスパッドやスレンダートーンのようなEMS機器は、腰痛を改善することを目的に作られたものではありません。しかし、EMS機器で筋肉が鍛えられることによって腰痛を緩和できる可能性もあります。

それぞれのEMS機器の違いを知ったうえで、自分に合ったものを選ぶようにしてください。

【男女兼用】
スレンダートーン
「アブベルト」

  • ◆特許取得の独自性能「C.S.Iテクノロジー」を採用!

    ◆EMS機器市場5年連続売上金額No.1!!

    ◆世界販売台数900万台突破

アブベルトを詳しくみる

TOP