EMSのすべて

男女別の口コミから見るSIXPAD(シックスパッド)の評判

腹筋を鍛えるためにシックスパッドを購入しようか検討する際、「本当に効果があるの?」「実際に利用している人の口コミは?」シックスパッドよりも安くて効果が期待できるものはある?」など気になりますよね。

今回は、シックスパッドを実際に利用している人の口コミや、効果的な使用方法、購入についてなどご紹介します。

1.シックスパッドを利用した男女の口コミ・評判を紹介

商品を購入する際、実際に利用している人の評価はとても参考になるものです。まずは、シックスパッドを実際に利用している人の口コミを見てみましょう。口コミですから、良い評価だけでなく悪い評価もしっかり把握することが大切です。

また、男女によって口コミに違いが見られることもありますので、シックスパッドに対する口コミをより詳しく分類し、「男性の良い評価」「男性の悪い評価」「女性の良い評価」「女性の悪い評価」としてご紹介しましょう。

男性の口コミ・評価

まずは、シックスパッドを利用した男性の口コミをご紹介します。

男性 40歳
パッド部分の持ちは悪いです。案外すぐ(1か月くらい)に交換が必要になります。そのパッドが6つ付いているので、電池の持ちも悪いです。本体も高いのでそういった意味ではコスパは悪い方だと思います。
ただ、一度に広範囲の筋肉を鍛えられるので時短にはなります。効果は人によるとは思いますが、私の場合は脇腹の贅肉に大きな効果がありました。けっこうスッキリしましたのでそれなりに満足しています。お腹が6つに割れてはいませんが、なんとなく筋っぽくはなってきているので今後に期待はしています。
男性 42歳
シックスパッドを利用したきっかけは、たるんできた下っ腹をなんとかしたいという思いからでした。EMS機器はいろいろとありますが、シックスパッドはそれなりに高価ですので、効果があるかなと思った次第です。購入後、ほぼ毎日、欠かさず続けました。1か月経ち、効果はなし。しかし、諦めることなく、黙々と続けました。ただ、お腹に貼りつけてブルブルするだけですので、続ける上で苦労はありません。半年くらい続けました。残念ながら、効果は全く感じられませんでした。男性の場合、内臓脂肪が多いので、効かないのでしょうかね。女性に多い皮下脂肪には効果があるのでしょうか。興味のあるところです。

女性の口コミ・評価

次に、シックスパッドを利用した女性の口コミをご紹介します。

女性 28歳
ただ着けているだけで痛みもないため、想定していたよりも随分らくでした。本体も薄く持ち運びもしやすいため、旅行などにも持っていけます。一方で、思っていたよりもジェルシートの消耗が早く、続けて使うにはなかなかコストがかさむと感じました。古いジェルシートと新しいジェルシートでは効果が違うと体感しているので、定期的に買い換えますが。
EMSだけで理想的な筋トレをするのは難しいと思いますが、本来ジムに週2で行くべきところをジム週1、残りは家でEMSというように、補助的に使うのが良いのかなと思います。

2.SIXPAD(シックスパッド)利用時に考えられるメリット・デメリット

口コミや評価からも見られる通り、シックスパッドの利用時にはメリットとデメリットがあります。

SIXPAD(シックスパッド)利用時のメリット

シックスパッドを利用するメリットには次のようなものがあげられます。

鍛えたい部分に貼るだけでトレーニングができる

いつでもどこでも利用できるシックスパッドは、鍛えたい部分に貼ってスイッチを入れるだけで筋肉に刺激を与えられます。テレビを見ながら、本を読みながらなど気軽にトレーニングが可能で、続けやすいのはメリットでしょう。

腰痛の改善が期待できる

腰痛は、お腹周りの筋力が弱いことによって引き起こされるものがあります。その場合には、シックスパッドで腹筋を鍛えることによって筋力が増し腰痛改善につながるケースも見られます。

SIXPAD(シックスパッド)利用時のデメリット

以下のようなデメリットもあります。

痩せない

シックスパッドはトレーニングを目的とした製品であり、これを使用しているだけで痩せるのは難しいでしょう。食事に気をつける、脂肪を燃焼しやすくするために有酸素運動をするなどの心掛けが必要です。

値段が高い

貼るだけでトレーニングができるといわれても、3万円近い値段は高いように感じることもあるでしょう。中には、効果が本当にあるのかわからないのに3万円も出せないと考える人もいるはずです。

3.SIXPAD(シックスパッド)の種類&スペック紹介

ここからは、シックスパッドについて見ていきましょう。

SIXPAD(シックスパッド)の種類

シックスパッドは、使用する場所によって種類が分けられます。シックスパッドの種類には以下のようなものがあります。

  • Abs Fit 2(アブズフィット)……腹筋を集中して鍛えることを目的に使用
  • Body Fit 2 (ボディフィット)……ウエストや腕、脚など気になる部分に使用
  • Arm Belt(アームベルト)……腕を集中的に鍛える際に使用
  • Leg Belt (レッグベルト)……脚や太ももを鍛える目的で使用
  • Abs Belt (アブズベルト)……Abs FitとBody Fitが合体し、お腹周りを効率的に鍛えたい場合に使用

鍛える部分は1か所だけとは限りません。セット販売もありますので、身体のどの部分を鍛えたいのかを考慮して、上記の中から選ぶとよいでしょう。

SIXPAD(シックスパッド)のスペック

EMS(Electrical Muscle Stimulation・筋電気刺激)マシンの一つであるシックスパッドは、EMSが筋収縮を引き起こすことでトレーニングを行うものです。

充電式でコードレスのためどこでもトレーニングが可能であり、室温20℃の環境であれば、約5時間の充電で約30回の使用が可能です。

専用の「高電導」ジェルシートが電気の抵抗を抑えるだけでなく、薄さ3mmのソフトシリコンが体にフィットすることでEMSの効果をより高めます。

また、Bluetooth機能を使ってスマホアプリと連動させれば、日々のトレーニング状況をデータにして記録することも可能です。変化を目で見ることによって、継続する楽しみができるでしょう。

4.SIXPAD(シックスパッド)が筋肉に効くメカニズム

シックスパッドはEMSマシン、すなわち「電気による刺激を筋肉に直接与える機械」です。

人が手や足を動かそうとするとき、脳は微弱な電流のようなものを発します。その刺激が筋肉に伝わって体が動くのですが、この人の身体の仕組みを利用したものがEMSマシンです。

EMSマシンによって外部から電気刺激が与えられ、筋肉の収縮が起こってトレーニングするという仕組みです。外部からの刺激によって自動的に筋肉が動くため、自ら腹筋などをしなくてもトレーニングができるのです。

もともと医療用として、身体の痛みを取り除くことやリハビリを目的に開発されたEMSマシンですが、その効果に着目されて現在では筋肉強化に用いられるようになっています。

5.SIXPAD(シックスパッド)の効果的な使い方

シックスパッドをどのように使うと、よりその効果を得ることができるのでしょうか。ポイントをまとめてみます。

正しい位置に貼る

シックスパッドは筋肉に働きかける機械です。より効果的に電気刺激を与えるためには正しい位置に貼ることが大切です。

専用の「高電導」ジェルシートを使用する

ジェルシートは、電気抵抗を減らし、均一に電気が伝わるように開発された専用のものを使用しましょう。

有酸素運動や筋トレと合わせて行う

ダイエット効果を期待するならば、ランニングなど有酸素運動を取り入れるとよいでしょう。また、筋肉へ負荷をかけるためには、もう無理だと思ってからのひと踏ん張りが大切です。

そのため、EMSだけでなく実際に腹筋やもも上げ運動、腕立て伏せなど、筋トレと合わせて行うとよいでしょう。

6.SIXPAD(シックスパッド)の購入方法と注意点

シックスパッドを購入する方法についてもご紹介しましょう。

シックスパッドの入手方法は、公式サイトや楽天市場などのネット通販と実店舗での購入の2通りがあります。

公式サイト利用の場合は、セット割引やポイント制度があるなど特典が異なりますので、どの手段で購入するかはよく検討しましょう。

また、同じEMS機器にはスレンダートーンなどもあります。お腹の正面だけでなく右脇腹と左脇腹にも作用し、インナーマッスルまで鍛えることができるものです。

一口にEMSマシンといっても性能が異なるため、どの機器を購入するかは注意が必要です。

7.シックスパッドとスレンダートーンの比較

EMS機器は、周波数や形状が異なるさまざまな種類のものがあります。EMS機器の中でも人気のある、シックスパッドとスレンダートーンを見比べてみましょう。

まず、周波数についてですが、シックスパッドが20Hzを採用しているのに対し、スレンダートーンは50~70Hzを選択できます。周波数が低いと肌へのピリピリとした刺激が強くなるため、心配な場合は周波数を選べるスレンダートーンのほうがおすすめです。

また、腹筋に貼り付けるシックスパッドに対し、スレンダートーンは腹囲に巻き付けるタイプです。腹筋だけでなく、お腹周りの筋肉への作用が期待できるでしょう。

それぞれの独自性能としては、シックスパッドは前述の周波数20Hzでかつ痛みを軽減した独自波形を採用、さらにサッカーで有名なクリスティアーノ・ロナウド氏監修のトレーニングプログラムを導入し、これらの性能をまとめて「CMM Pulse(パルス)」と呼んでいます。

一方のスレンダートーンは、広範囲かつインナーマッスルを効率的にトレーニングできる性能として「C.S.I.テクノロジー」が組み込まれています。

まとめ|購入前にSIXPAD(シックスパッド)が自分に合うか検討しよう

シックスパッドについてまとめます。

  • シックスパッドを実際に利用している人の評価には、メリットもデメリットもある。
  • シックスパッドは鍛えたい部分によって種類があり、鍛えたい部分が複数ある場合は高額になることも考えられる。
  • シックスパッドは、筋肉に電流刺激を与えることによって収縮させることでトレーニングを行うEMSマシンの一つである。
  • EMSマシンには広範囲にわたってインナーマッスルをトレーニングできる「スレンダートーン」のようなものもある。
  • シックスパッドとスレンダートーンでは性能が異なるため、どちらが自分に合っているのかよく吟味してから購入する。

【男女兼用】
スレンダートーン
「アブベルト」

  • ◆特許取得の独自性能「C.S.Iテクノロジー」を採用!

    ◆EMS機器市場5年連続売上金額No.1!!

    ◆世界販売台数900万台突破

アブベルトを詳しくみる

TOP