EMSのすべて

シックスパッドを使うと痛い!引き起こしている4つの原因と解消法

「シックスパッドを使っているときに、ピリピリした痛みを感じる」
「シックスパッドの刺激が強くて使いにくい」
「シックスパッドを使用すると筋肉痛がある」

シックスパッド(SIXPAD)を使用中に痛みを感じたり、使用した後に筋肉痛を感じるという感想を抱く人は少なくないのでしょうか?

この記事では、シックスパッドを使用して痛みを感じる原因とその解消法、筋肉痛を感じる方の解消法を説明いたします。

シックスパッドの使用は痛いくらいがちょうどいい

○×を出す女性
シックスパッドは、電気で筋肉を刺激するEMS(Electrical Muscle Simulation)機器です。そのため、そんなに強いものではありませんが、ある程度のピリピリとした痛みは生じてしまいます。

アブベルトやボディフィット2などのシックスパッド全製品はトレーニングに効率的な周波数である20Hzを使用して、なおかつ低周波特有で生じる痛みを解決するテクノロジーを搭載しています。そのため、理論上は痛みを感じることは少ないのです。

シックスパッド使用者の痛みについての口コミをチェック

スマホで口コミを見る女性
実際にシックスパッドを使用している方は痛みについてどんな風に思っているのでしょうか?口コミからチェックしてみましょう。

38歳・女性・充電式使用
産後の体型崩れが気になりシックスパッドの利用を始めました。購入したのは、初期モデルのコイン電池使用タイプになります。下腹部とウエストラインを鍛えたいと思い、アブズフィットとボディフィット2個を使い始めました。メーカーは1日1度の使用を推奨しているので夕方をメインにほぼ毎日利用しています。強さは一番強い15に設定していますが、痛みは全く感じません。筋肉に刺激が届いているようで身体が勝手に動きます。ジェルパッドの粘着力は1か月程使用していますがまだまだ大丈夫そうです。電池の持ちはあまり良くなく、刺激の強さを15のMAXにすると10回程度で交換になるかなと思います。
35歳・男性
ダイエット目的で購入しました。
DVD視聴や、ネットサーフィンをしながら筋肉をつけて痩せようと試みましたが甘い考えでした。
3ヶ月使用しましたが特に腹筋はついた様子もなく、痛みがあったのでレベルは抑えめにしましたが、尿意を感じました。
ジェルシートは2週間程度で粘着力が弱まりランニングコストがかかるように感じました。ネットで検索すると長持ちしている人もいましたが…
結果として、私の場合ダイエットはできませんでした。
ながらでやった事で筋肉がつかなかったのかもしれません。筋トレはマインドフルネスが基本らしいですが私には無理です。
50歳・女性
運動不足で脂肪が増え、プロポーションにメリハリがなくなってきたので使ってみました。
EMS機器には興味がありましたが、半信半疑でした。しかし、とても良いトレーニング機器であることがわかりました。
家事をしながら使えるので、効率よくトレーニングできます。
たまに外に行くときも身に着けていきますが、軽量なので外でも快適にトレーニングができ便利です。電池持ちもよく、心配していた痛みもありません。
ベタベタせず体から外すとサラっとしているので使いやすいです。
25歳・女性
筋トレが苦手ですがお腹を引き締めたかったので購入しました。ただ装着するだけで良いので、読書や家事をしながら腹筋を鍛えることができます。初めて装着した時は筋肉がビクビクとなり驚きましたが、痛さはなく慣れてくると気持ち良かったです。レベルはマックスにして3ヶ月くらい毎日使い続けていたところ、お腹が目に見えて引き締まりうっすらと腹筋が浮かび上がってきました。電池交換は私の場合月に一回か二回程度で使うことができました。
33歳・男性
小学生の時から野球仲間の友人が体を鍛えるのに「EMS機器シックスパット」がいいと言っていたので、中年腹になってきている自分も鍛え直そうと思い、購入することにしました。EMS機器シックスパットを利用してみて感じたことは「低周波でも痛くない」ことです。通常20Hzでは、低周波数だとピリピリした感じがするのですが、シックスパットはこのピリピリした痛みを感じがしないのにまずビックリしました。効果があるのかと思ったのですが、3ヶ月ほど使用してみたらボテッとした腹がヘコミ出しています。これからも使い続けていたら腹も割れてきそうなので楽に鍛えれていいですね。
28歳・女性
きっかけは、腹筋が衰えてきたと感じたけれど、ジムに行く気力もなかったときに、広告で見て買いました。効果としてははっきりとは感じていませんが、少しずつ腹筋はついてきているかなと思います。費用は高いですが、ジムなどに行くことを考えれば、そこまで高くないのかなと思います。わたしは痛みに強いほうなのか、ほとんど痛みは感じたことはありません。またレベルの調整も細かくできるため、自分に合ったレベルで使うことができます。電池はすぐなくなりますが、さほど高いものでもないので仕方ないかなと思います。
27歳・男性
製品に興味があり、購入した。効果に関しては何もしていないより、筋肉が鍛えられる印象がある。しかし、実際に筋肉トレーニングをした方が鍛えられる印象がある。本体だけでなく、月々のジェルシート代を考えると、費用としては少し割高感がある。最初は皮膚の表面がピリピリとした痛みを感じることもあるが、なんども使用していくと、気にならない。レベルは徐々に上げていかないと、鍛えられる感じがしないが、いきなり強いレベルで行うと、強すぎて危険なので、弱いレベルから徐々に上げていくべきだ。

痛みに対する口コミには、ご覧のように個人差があることがわかります。「最初は痛かったけれど、痛みに慣れてきた」という意見が多いようです。

シックスパッドで「痛い」と感じる4つの原因と対処法

筋肉痛の女性
シックスパッドの使用によって感じる痛みは様々あります。痛みによっては、すこし不安になることもあるかもしれません。ここでは、痛みを感じる原因とそれに対する解消法を4つ紹介いたします。

  1. 強度レベルが強すぎる
  2. ジェルシートが身体にぴったり密着していない
  3. ジェルシートが劣化している
  4. シックスパッドが故障している

【原因(1)】強度レベルが強すぎる

お腹をすぐに引き締めたいと思って、自分の身体に合わないような強いレベルでやっていないでしょうか。シックスパッドはレベルが1から15まで(新型は20まで)ありますが、レベルが高すぎると痛みを感じてしまうこともあります。

例えば、シックスパッドを購入してすぐに最高強度のレベルでやろうとすれば、身体がシックスパッドの動きに慣れていないので、痛みを感じるかもしれません。それだけでなく、その日の体調によって痛みの度合いも変わることもあります。

ですので、シックスパッドを使用し始めたときには、弱いレベル(レベル1~2)に設定して使用するようにしましょう。弱いレベルに慣れたら、1つ強いレベルに設定して段々と強くして刺激をしていきましょう。段階的に刺激をしないと、途中で痛みを感じてしまうでしょう。

【原因(2)】ジェルシートが身体にぴったり密着していない

シックスパッドを使用する際に、ジェルシートが自身の身体にぴったりとくっついていない場合、痛みを感じてしまうことがあります。自分ではピタッと貼り付けていると思っていても、よく見るとしっかり貼られていなかったということもありえますので、チェックしましょう。

ジェルシートがしっかりと肌(皮膚)と密着していないと、ジェルシートの全面に電気が均一に流れずに狭い面積に電気が流れて、強い刺激や痛みを感じることになってしまいます。ですから、シックスパッドを使用する際には、使用したい部位の汗を拭き取り、ジェルシート全面が肌にしっかりと密着させて使用しましょう。

【原因(3)】ジェルシートが劣化している

ジェルシートが劣化しているのも痛みを感じさせる原因のひとつです。ジェルシートに関しては、基本的に1枚につき30回使用できるようになっていますが、ピタッと貼り付けてもいても、ジェルシートが劣化していると痛みを感じてしまうことがあります。

これはジェルシートの粘着力が弱まっていることが原因です。

ジェルシートの粘着面が汚れたり、乾いたり、傷んでしまうとしっかりと体に密着することができず、前述のようにジェルシート全面に均一に電気が流れなくなってしまいます。そのため、痛みを感じてしまうのです。

そのため、ジェルシートの粘着面が汚れて貼り付きにくくなってしまったら、以下のような手順でお手入れをするようにしましょう。

  1. 指先に水滴をつけてジェルシートの粘着面をこすって、汚れを取り除きましょう。
  2. 十分に水をきって、粘着面を上にして風通しのいい日陰で自然乾燥をさせる
  3. 表面の水気がなくなるまで自然感想をさせてから、本体を台紙に貼り付ける
  4. ※長時間・頻繁にお手入れはしない。お手入れをしすぎると粘着面が傷んでしまいます。

お手入れをしてもなお痛みを感じる場合には、ジェルシートの新しいものへの交換がオススメです。

【原因(4)】シックスパッドが故障している

上記でご紹介した3つがどれも当てはまらない場合は、もしかしたらシックスパッド自体が故障している可能性があります。この場合は、シックスパッドの使用をやめましょう。

異常があるにも関わらず使用を続けてしまうと、体に悪影響を与える可能性があります。ただちに使用を中止し、シックスパッドを購入した販売店やシックスパッドの製造元である(株)MTGお客様相談室に相談をしましょう。

(株)MTGお客様相談室
0120-315-765
(受付時間)9:30~17:30(土・日・祝日・休業日を除く)

シックスパッドの使用後に腹筋などが筋肉痛になることはある

筋肉痛の女性
シックスパッドの使用後に筋肉痛を感じられる人がいらっしゃいます。しかし、それは必然的なことなのです。

筋肉痛の具体的な原因は未だ解明されていませんが、筋肉痛とは運動などによって傷ついた筋肉が修復される際の炎症により起こる痛みとされています。この筋肉痛が起こることは、筋肉が傷つき修復されていて、より強くて太い筋肉に成長する可能性がある証拠なのです。

シックスパッドを使用することで筋肉痛が起こっているということは、しっかりと筋肉が電気で刺激されているということになります。先ほど説明しました、弱いレベルからスタートして段階的にレベルを上げていくようにシックスパッドを使用するようにしておくことでしっかりと筋肉を刺激することができるのです。

一方で、使い始めてから1ヶ月〜2ヶ月が経過しても筋肉痛にならずに不安になる方もいらっしゃいます。その場合には、電気刺激の強さが弱すぎることが考えられます。

使い始めた当初は弱いレベルからスタートしなければなりませんが、慣れてきたら強さをあげていくようにしましょう。ある程度の期間(1ヶ月〜2ヶ月)が経った時にレベルが弱いままだと、痛みも筋肉痛もなく、効果が小さくなってしまいます。段階的にレベルをあげて、電気が効いているようなレベルで使用することをオススメします。

ただし、いきなり最高レベルでの強さでの刺激はやめておきましょう。

まとめ|シックスパッドの「痛い」から解放されよう

このように、シックスパッドの使用から生じる痛みはさまざまです。まずは、4つの原因を一つ一つ確認し、解消法を実践してみましょう。

  • シックスパッドは電気で筋肉を刺激するEMSであるためある程度の痛みはある
  • 【シックスパッドで痛みを感じる原因と対処法】

  • 【原因(1)】強度レベルが強すぎる→初めは弱いレベルから段階的にレベルを上げていく
  • 【原因(2)】ジェルシートが肌に密着していない→シックスパッドと身体のスキマを空けないようにぴったり密着させる
  • 【原因(3)】ジェルシートが劣化している→ジェルシートのお手入れ・交換をする
  • 【原因(4)】3つに当てはまらない→販売店・お客様相談室に連絡する
  • シックスパッドで電気を使って筋肉を刺激することで、筋肉痛も起こりうる

これらの対処法を頭に入れながら、シックスパッドの痛みから解放されましょう。

しかし、どうしてもシックスパッドによる痛みが気になるという方は他のEMS機器も試してみてはいかがでしょうか?
ショップジャパンが販売をする、スレンダートーンは評判が高い商品です。ぜひご覧ください。

【男女兼用】
スレンダートーン
「アブベルト」

  • ◆特許取得の独自性能「C.S.Iテクノロジー」を採用!

    ◆EMS機器市場5年連続売上金額No.1!!

    ◆世界販売台数900万台突破

アブベルトを詳しくみる

【関連記事】
男女別の口コミから見るSIXPAD(シックスパッド)の評判
シックスパッドの強さはどのくらい?使用目安や効果を解説!

TOP