EMSのすべて

シックスパッドに副作用や健康被害はある?安全性の高い7つの使い方

「シックスパッドに副作用はある?」
「副作用があるなら使うの怖いな・・・」

サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手のCMでも話題のEMS機器「シックスパッド」。購入するとなると、副作用や健康被害について当然気になります。何か問題が起こってしまう前に、安全で正しい使い方を把握しておきましょう。

今回はシックスパッドの使用による健康被害や副作用の有無、さらには安全な使い方から危険な使い方まで紹介いたします。

シックスパッドによる副作用は現段階で報告されていない

お医者さんの笑顔
シックスパッドの使用で副作用や健康被害があったという報告はこれまでありません。しかし、1万円前後で手に入るEMS商品では、健康被害があるようです。
引き起こされる健康被害としては以下のとおりです。

  • やけど
  • 水ぶくれ
  • 発疹
  • 横紋筋融解症
  • 過敏性腸症候群
  • それぞれについて見ていきましょう。

    (1)やけど・水ぶくれ・発疹

    火傷
    やけどや水ぶくれ、発疹などがシックスパッド以外の商品で被害が報告されています。平成14年には国民生活センターにより被害についての調査が行われ、以下がその報告書です。

    「電気刺激による筋肉増強をうたった商品の安全性-EMSベルトの筋肉や皮膚への影響を調べる-」

    この調査は、消費者が容易に購入できると1万円前後のEMS商品4銘柄をテスト対象としています。価格から判断して、シックスパッドは対象にはなっていません。

    報告書では、対象のEMS機器の使用による健康被害について以下のように記載されています。

    「複数箇所に5mmの水ぶくれ」「11箇所に発赤」「小豆大のやけど」「5円玉くらいの赤い炎症」「赤い斑点」「丸い跡」「数箇所の電極の箇所がかぶれた」、などのやけど等の皮膚障害が報告されました。

    健康被害の原因は、パッドが丸まってしまい皮膚との接着面が波状になることで、皮膚の一部に多くの電流が流れてしまうことが考えられます。

    (2)横紋筋融解症

    腹筋の痛み
    横紋筋融解症(おうもんきんゆうかいしょう)とは、筋肉の細胞が解けて血液中に流出してしまう症状のことです。筋肉の痛みや脱力感、麻痺などを感じるようになります。

    横紋筋融解症が起こる原因は、EMS機器の使いすぎです。長時間の使用で、過度な電気刺激を受けると引き起こされる可能性があります。

    (3)過敏性腸症候群

    腹痛の男性
    過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)とは、いわゆる下痢のことです。引き起こされる原因は、横紋筋融解症と同様のEMS機器の使いすぎにあります。

    しかしこれは体の反射によって一時的に引き起こされるものなので、心配はいりません。

    ここまで紹介してきた副作用は、どれも誤った使用方法で行うことにより引き起こされています。つまり、正しい使用方法で行えば安全に効果を得られるでしょう。ここからは、正しい使用方法について説明していきます。

    シックスパッドで副作用を出さずに正しく使う7つのポイント

    ○×を出す女性
    ここからは、シックスパッドの正しい使い方のポイントを紹介いたします。

    【ポイント(1)】シックスパッドを使用できる健康状態かどうか確認

    疑問に思う女性
    シックスパッドの取扱い説明書では、併用禁止の人や使用禁止の人への警告があります。以下のような状態の人は要注意です。

    【医用電気機器との併用禁止】

    • 体内植込み型医用電気機器(ペースメーカーなど)を使用している
    • 生命維持用医用電気機器(人工心肺など)を使用している
    • 装着型医用電気機器(心電計など)を使用している

    【使用禁止】

    • 心臓疾患がある
    • 妊娠中・出産直後である

    ペースメーカーや人工心肺、心電計などを付けている人の使用は、機器の誤作動や事故を起こしかねません。また、心臓疾患がある人の使用は、心臓に悪影響があるため使用が禁止されています。

    そして妊娠中・出産直後の方は特に注意が必要です。まず妊娠中の人の使用は、体内の赤ちゃんに何らかの影響が与える可能性があります。また、ホルモンバランスが崩れてしまう恐れもあります。

    出産直後の人の使用は、腹直筋に電気刺激を与えることで元の体型に戻せなくなる可能性が高いです。

    上記に当てはまる人は使用前に十分注意しましょう。

    【ポイント(2)】シックスパッド使用時に医師へ相談する必要がある人


    シックスパッドを使用する前に医師へ相談する必要がある人も説明されています。当てはまる人は、必ず相談してからシックスパッドを使用しましょう。

    シックスパッドを使用する前に医師への相談が必要な人
    アレルギー体質の方 安静を必要とする方
    皮膚に知覚障害や異常(感染症、皮膚炎、傷など)のある方 脊椎の骨折、捻挫、肉離れなどの急性(疼痛性)疾患のある方
    血行障害のある方 骨粗しょう症など、骨に異常のある方
    薬を服用中の方 血圧に異常がある方
    悪性腫瘍のある方 ジェルシートが肌に合わない方
    脳神経に異常を感じている方(てんかんなど) 特に身体に異常を感じている方
    糖尿病などによる高度な末梢循環障害による知覚障害のある方 その他医療機関で治療中の方
    発熱(38度以上)している方

    【ポイント(3)】シックスパッドを使用してはいけない部位に使わない

    禁止する女医
    シックスパッドは、お腹や腕・太ももに電気刺激をすることができるEMS機器ですが、以下のような部位に使うことは禁止されています。

    シックスパッドを使用してはいけない部位
    胸部および肩甲骨などの心臓の周辺部位や首から上の部位(頭、顔など) 金属、プラスチック、シリコンなどを埋め込んである部位
    傷や目、口、陰部などの粘膜部位 背骨(脊椎)
    当日、脱毛処理をした部位 刺青(タトゥー)を入れている部位
    整形手術をした部位 生理中の腹部

    特に胸部や心臓の周辺部位には注意をしましょう。心臓は電気信号を流すことで動いています。その電気信号に対して、別の電気刺激を与えてしまうと悪影響を与えてしまうかもしれません。

    【ポイント(4)】電源の操作はシックスパッドを貼り付けてから

    シックスパッドの電源ボタン
    電源のオン・オフは、身体にシックスパッドをしっかりと貼り付けた状態で行うようにしましょう。

    もしも身体から離れた状態で電源を操作すると、さまざまな場所へ電流を流すことになり危険です。トレーニングする際は、しっかりと身体に貼り付けられていることを確認しましょう。

    【ポイント(5)】アクセサリー類は外して使用する

    アクセサリー
    ピアスやネックレス、ベルトといったアクセサリー類は外しましょう。もしつけたまま使用した場合、思わぬところへ電流が流れ、強いショックを引き起こす可能性があります。

    【ポイント(6)】専用のジェルシートを必ず使用する

    ジェルパッド
    シックスパッドを使用する際は、必ず専用のジェルシートを貼り付けましょう。ジェルシートには、電気を効果的に身体の筋肉に伝える役割があり、ピリッとした痛みを軽減してくれます。

    正規品ではない代替品を使用しても、シックスパッド本来の効果を得にくく、最悪ケガにつながることもあります。それだけでなく、直接肌に触れるとやけどにもつながるので、必ずジェルシートは付けるようにしてください。

    【ポイント(7)】1日に1か所1回までの使用にする

    1日1回の説明
    シックスパッドの取扱説明書には、「1日に1箇所1回まで」とされています。なるべく早くスリムになりたくても、1日中同じところへの過度な使用はやめましょう。

    同じ場所に長時間使用してしまうと、先ほど紹介した報告書の症状のような筋肉疲労や皮膚のヒリヒリ感、赤みを引き起こす恐れがあります。またそれだけでなく、ジェルシートの消耗も早くなってしまいます。

    シックスパッドの模倣品には注意

    注意案内
    最近は手軽に手に入るような安価なEMS機器が販売されています。模倣品も多く、コストを抑えようと類似品や模倣品を購入しようと考えているなら注意が必要です。類似品や模倣品は、場合によっては身体に悪影響を与えかねません。

    シックスパッドの模倣品はどれほどの電圧かわからない

    電圧系
    模倣品には、どれだけの電気の刺激があるのかわかりません。実際、模倣品には正規品の数倍以上の電圧が流れていることが確認されています。過度な周波数で身体に電気を流すことは悪影響を与えます。

    それだけでなく、シックスパッドのように保証がついてはおらず、効果も実感できない可能性もあります。もちろん、正規のシックスパッドを販売する株式会社MTGが保証してくれることも一切ありません。

    以下のサイトから、模倣品についての情報が確認できるので、参照してみてください。

    シックスパッドの模倣品について

    公式サイトから購入するのが最も安全

    模倣品は非常に精巧に作られていることが多く、見分けがつきにくいものもあります。なので公式サイトで購入することがおすすめです。公式サイトであれば、間違いなく正規品のシックスパッドが手に入り、保証も1年ついています

    シックスパッドを販売する株式会社MTGは、日本ホームヘルス機器協会に加盟し、EMSの安全基準に関するJIS検討委員会に参画しています。

    日本ホームヘルス機器協会というのは、家庭でのセルフケアを目的とした電子・電気機器であるホームヘルス機器に関して、技術の向上・品質・安全性・流通の適正化を図る団体のことです。
    日本ホームヘルス機器協会

    シックスパッド以外に副作用の心配がないEMS機器


    EMS機器は、シックスパッド以外にも数多くあります。その中でも、とくにおすすめしたいのが世界販売台数900万台以上(2017年末までの累計出荷量)のスレンダートーンです。

    スレンダートーンのおすすめポイントは以下の通りです。

    • 初級者から上級者までプログラムが10種類
    • 99〜150段階のシグナルレベルが組み合わせられた「スマートトレーニングシステム」を採用
    • 「C.S.Iテクノロジー」により広範囲への刺激が可能
    • 独自設計の仕組みで、左右の腹斜筋と腹直筋を同時に鍛えられる
    • 有酸素運動と組み合わせることで、相乗効果が期待できる

    より詳しいスレンダートーンの情報は以下のサイトからも確認できます。参考にしてみてください。
    スレンダートーンの詳細はコチラ

    EMS機器でどれにしようか迷っている人は、スレンダートーンも検討してみてはいかがでしょうか。

    まとめ|シックスパッド等EMS機器は、正しく使えば副作用を防げる

    ここまでシックスパッドの副作用や、正しい使用方法を見てきました。ここでおさらいです。

    • シックスパッドの副作用(健康被害)は現段階では報告されていない
    • シックスパッドの正しい使い方のポイントを把握しておく
    • 1. 自分が使用禁止人物かどうか確認する
      2.使用前に医師への相談が必要な人がいる
      3.使用してはいけない部位を確認する
      4.電源操作はシックスパッドを貼り付けてる時
      5.アクセサリー類は外してから使用する
      6.専用のジェルシートを必ず使用する
      7.1日1か所につき1回までの使用にする

    • シックスパッドの模倣品には注意する
    • シックスパッド以外ならスレンダートーンがおすすめ

    これらのポイントを抑えておけば問題ありません。正しい使用方法で効率的にセルフケアを行いましょう。

    まだどのEMS機器にするか迷っている方は、プログラム数も豊富なスレンダートーンも検討してみてください。

    【男女兼用】
    スレンダートーン
    「アブベルト」

    • ◆特許取得の独自性能「C.S.Iテクノロジー」を採用!

      ◆EMS機器市場5年連続売上金額No.1!!

      ◆世界販売台数900万台突破

    アブベルトを詳しくみる

    【関連記事】
    シックスパッドが「痛い」と感じる場合の原因と対処法
    シックスパッドの効果を得るための正しい使い方と手順
    シックスパッドの類似品紹介とEMS機器基礎知識を解説
    シックスパッドに効果がない?正しい使い方や使用上の注意点を解説!
    男女別の口コミから見るSIXPAD(シックスパッド)の評判

    TOP