EMSのすべて

  • クワトロビートの口コミが気になる…効果のワケや特徴3つを徹底解説

クワトロビートの口コミが気になる…効果のワケや特徴3つを徹底解説

クワトロビートって本当に効果があるの?
クワトロビートを買うか迷うけど、先に口コミを見ておきたい

EMS機器の一つであるクワトロビート。せっかく購入するなら効果の高い、納得できる商品を購入したいですよね。失敗しない商品選びをするために、使用者の口コミを参考にしましょう。

この記事では、クワトロビートを実際に使っている人の口コミやメリット・デメリット、他の人気商品との比較情報を紹介します。

クワトロビート利用者の口コミ紹介

女子の会話

女性 31歳
ウエストまわりのお肉を落としたくて、いろいろと運動や食事制限をしてきました。体重は落ちてダイエットには成功しました。ですがお腹まわりの肉がなかなか落ちず、思い切ってクワトロビートを購入してみました。

レベルが8段階から選べるので、はじめのうちは一番弱いレベルからスタートして、徐々に強くして腹筋を鍛えていきました。

辛い運動をしなくてもいいので、とても助かりました。ただベルトタイプなので家の中でしか装着できないのが残念でした

男性 29歳
まずクワトロビートに関しては、高速立体3D振動であるところが大きな特徴だと思いました。また、インナーマッスルを鍛えることができたので使ってみて良かったです。

価格もリーズナブルで安心できましたし、短時間でシェイプアップできたので良かったです。そして、3つのモードから自由に選べたことが便利でした。ただ、パッドの粘着力が少し足りないところがデメリットだと思いました。

男性 41歳
お腹だけではなく腰や足にも使えるので、マッサージ感覚でも使えて良いです。モードも3つから選べるのでちょっとした疲れを取るのにも役立っています。

これだけで筋肉ムキムキにするのは難しいと思いますが、贅肉を落とすのには効果があるのでダイエットには使えると感じています。

ただ、重量がかなり重く、本体もかなり大きいです。その為に何かをしながら使うという事が出来ないのが難点です。もちろん頑張れば使えなくはありませんが、かなり邪魔になるのは間違いありません。

クワトロビートのメリット・デメリット

メリットデメリット

クワトロビートのメリット

クワトロビートのメリットは以下の通りです。

  • 短時間で筋肉トレーニングを行える
  • やりたい場所をピンポイントで引き締められる
  • 寝たり座ったり、どんな体勢でも使用可能
  • 本体の収納が場所を選ばず簡単
  • 家事や読書をしながらのトレーニングが可能
  • 次にデメリットを見ていきましょう。

    クワトロビートのデメリット

    クワトロビートのデメリットは以下の通りです。

  • 部位によってはパットが緩みやすく付け直しが必要
  • 充電式ではなく、常にケーブルを挿しておく必要がある
  • クワトロビートで鍛えられる部位

    ウェアを着た女の人
    クワトロビートは腹筋やヒップ、腰回り、太ももを鍛えることができます。それぞれ見ていきましょう。

    1.インナーマッスルから腹筋を鍛える

    腹筋
    クワトロビートを腹部に装着すると、インナーマッスルにまで刺激を与え、腹筋の運動に役立たせることができます。

    ソファーやいすに腰掛けた状態でも、座椅子やベッドで足を投げ出して寄りかかった状態でも使用することが可能です。

    また横になって寝転んだ体勢で、腹部に載せておくことで、シェイプアップや筋力トレーニング、ダイエットの効果が期待できます。

    2.ヒップ~腰回りの鍛えにくい部分を鍛える

    女性の腰の部分
    腹部に使用するのと同様、ヒップなどお尻周りに巻いて大臀筋の運動にも繋がります

    背筋を含め背中や大臀筋は、意識していないと鍛えるのを忘れてしまいがちです。大臀筋を鍛えると、美尻効果だけでなく、腰痛対策や姿勢がよくなることも期待できます。

    3.太もも部分を鍛える

    太もも
    クワトロビートは太ももへも使用可能です。太ももにはセルライトが溜まりやすく、肌が凸凹になることも多いですが、クワトロビートで滑らかな肌を目指すことができます。

    クワトロビートの特徴3つを紹介

    3本指を出した女性
    クワトロビートは、超高速3D振動とEMSのダブル効果によって引き締まった身体を引き締めることを目的としています。機能ではありませんが、「ながらエクササイズ」ができることも大きな特徴です。

    それぞれ見ていきましょう。

    1.超高速3D振動

    超高速3D振動は、クワトロビートの最大の特徴です。超高速3D振動で、腹筋やお尻のインナーマッスル、筋肉や脂肪を効率的に揺らします。1分間に最高1300回転もの高速3D振動をします。

    2.EMS

    EMSの働きにより、表層筋や体幹の深層筋が刺激されるので、その他の幅広い部分へのアプローチが可能です。

    筋力トレーニングのときに筋肉が緊張したままでは、筋肉を鍛えることは難しいです。そこでこの筋肉をもみほぐす超高速3D振動の効果と、筋肉を鍛えるEMSのダブル効果によって腹筋と大臀筋を鍛え、引き締まった身体を作り出すことを狙っているのです。

    3.「ながら」モードでできるエクササイズ

    読書する女性
    クワトロビートは行いたい部位に巻き、リラックスした状態で本や雑誌を読みながら、テレビを見ながら、横になってのんびりとしながら、簡単に「ながらエクササイズ」が楽しめます。

    また服の上からでも装着可能で、使い方も簡単です。3つのモードを切り替えながらトレーニングやエクササイズを行えます。3つのモードとは以下の通りです。

    セルケアモード
    腹部などの揉みほぐしに効果的な振動の体感が強いモード。
    引き締めモード
    筋力トレーニングやシェイプアップに効果的な、筋肉の引き締めに最適なモード。EMSを強く体感できます。
    ソフトモード
    断続的な低振動で筋肉にソフトな刺激を与えることができるモードです。

    クワトロビートとスレンダートーンとの比較

    比較する女性
    EMSの他の人気商品であるスレンダートーンと比較結果を紹介します。自分に合う機器選びの参考にしましょう。

    比較項目 クワトロビート スレンダートーン
    価格 29,800 19,850
    強さレベル 8段階 99~150段階
    プログラム数 3種類 10種類
    形状 ベルト型 ベルト型
    効果範囲 立体的に広範囲 平面的に広範囲

    どちらの商品も公式サイトの他、通販等で気軽に手に入れることができます。

    まとめ|超高速3Ⅾ振動・EMSで効果的なエクササイズが可能

    今回、主にご紹介したクワトロビートは、毎日の生活で鍛えにくい筋肉をトレーニングするEMSを採用したマシンです。他のEMS機器も比較検討できるように、販売実績があり評価も高いスレンダートーンもご紹介しました。

    ここでおさらいです。

    • クワトロビートはどんな体勢でも短時間でピンポイントに引き締められる
    • パッドの付け直しの必要があり、ケーブルを常に挿しておかなければいけない
    • クワトロビートで鍛えられる部位は主に【腹筋・ヒップ・腰回り・太もも】の4つ
    • クワトロビートの超高速3D振動・EMSの働きが引き締め効果に役立つ

    超高速3D振動で機能性も高いクワトロビートですが、メリットやデメリットもあるので、EMS機器購入の際にはしっかり比較して商品選びをしましょう。

    【男女兼用】
    スレンダートーン
    「アブベルト」

    • ◆特許取得の独自性能「C.S.Iテクノロジー」を採用!

      ◆EMS機器市場5年連続売上金額No.1!!

      ◆世界販売台数900万台突破

    アブベルトを詳しくみる

    TOP