EMSのすべて

スレンダートーンvsシックスパッド徹底比較|効果が高いのはどっち

「シックスパッドやスレンダートーンは本当に効果はあるの?」
「シックスパッドとスレンダートーンはどちらの方がおすすめ?」

筋肉に電気刺激をするEMS機器として有名なのが、シックスパッドとスレンダートーンの2つの製品です。どちらの製品もテレビやネットなどの広告で見る機会があるのではないでしょうか?

EMSを購入したい気持ちがあるものの、どちらの方が効果があるのか、どんな違いがあるのか、どちらが自分に合っているかわからないという人は少なくないと思います。

この記事では、シックスパッドとスレンダートーンの商品概要、それぞれの効果や仕様などの違い、それぞれの費用を比較し、あなたに合ったEMS機器を紹介いたします。

シックスパッドとスレンダートーンとはEMS機器

ここでは、シックスパッドとスレンダートーンそれぞれがどんな製品なのかを簡単に紹介いたします。
どちらも電気で筋肉を刺激する「EMS(Electrical Muscle Simulation)」と呼ばれる機器です。

シックスパッドには3つの特徴がある

シックスパッド(SIXPAD)は、プロサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド選手でおなじみの(株)MTGが販売をするEMS機器です。CMにはロナウド選手だけでなく、サッカー日本代表の槙野智章選手や冒険家の三浦雄一郎さん、バレーボールの石川祐希選手も出演しています。

シックスパッドには3つの特徴があり、効率的な周波数20Hzの使用と(株)MTGの開発力、そしてクリスティアーノ・ロナウド選手のトレーニングメソッドです。
京都大学の森谷敏夫名誉教授の「効率的にトレーニングできる周波数は20Hzである」という理論を基にシックスパッドの周波数は20Hzと設定されています。
そして、オリジナルの波形を用いて低周波で生じてしまう特有の痛みを(株)MTGによって解決しました。最後に、クリスティアーノ・ロナウド選手のトレーニングメソッドを取り入れて設定されたトレーニングプログラムを使用しています。

スレンダートーンは特許取得の独自プログラムを採用している

スレンダートーンシリーズ
スレンダートーンは、イギリス(英国)やフランス、アメリカなど世界中で販売をされ、通信販売のショップジャパンで販売をされているEMS機器です。世界での販売台数が900万台を突破しています。

その効果としては、引き締め効果とボディバランスアップ効果の2種類があります。スレンダトーンで電気刺激をすることによって腹筋運動300回相当の筋繊維の損傷をすることが可能になり、引き締めの効果が期待できます。

また、スレンダートーンは特許取得で独自設計のテクノロジーを採用しており、体の奥にあり鍛えにくいインナーマッスルへの効果が期待できます。

シックスパッドとスレンダートーンを4つのポイントで比較

国内の美容・フィットネス機器メーカーが開発する「シックスパッド」と、アメリカの政府機関(FDA)認定のEMS機器メーカーが開発した「スレンダートーン」を比較します。

【種類】シックスパッドの5種類・スレンダートーンの5種類

シックスパッドは5種類があり、「AbsBelt」「AbsFit2」「Body Fit2」「Arm Belt」「Leg Belt」があります。「AbsBelt」・「AbsFit2」は肌に密着させるタイプである一方、「Body Fit2」「Arm Belt」「Leg Belt」は体に巻きつけて使用するベルトタイプになっています。

一方で、スレンダートーンも5種類あり、「アブベルト」「コネクト」「フィット」「アーム」「ヒップショーツ」があります。
筋肉を刺激する部位が同じ「アブベルト」「コネクト」「フィット」の違いは、アブベルトはコントローラー式のモデルであり、コネクトはアプリと連動したモデル、フィットは気軽に始めることができるエントリーモデルになっています。

そして、「アーム」は腕に巻きつけて使用し、「ヒップショーツ」はパンツのように履いて使用するモデルになっています。

それぞれの製品がどこの筋肉を刺激するかは、以下の表をご覧ください。

ブランド 種類 筋肉を刺激する部位
シックスパッド Abs Belt お腹・横腹
Abs Fit2 お腹
Body Fit2 横腹・腕・太もも
Arm Belt
Leg Belt 太もも
スレンダートーン アブベルトスレンダートーン アブベルト 腹筋(腹直筋)・ わき腹(腹斜筋)
コネクトスレンダートーンコネクト 腹筋(腹直筋)・ わき腹(腹斜筋)
フィットスレンダートーンアブズフィット 腹筋(腹直筋)・ わき腹(腹斜筋)
アームスレンダートーンアーム 腹筋(腹直筋)・ わき腹(腹斜筋)・腕周り
ヒープショーツヒップショーツ お尻・太もも

【値段】スレンダートーンに比べてシックスパッドは少し割高

公式サイトを参考に、それぞれのEMSの価格をご紹介します。
スレンダトーンと比べて、シックスパッドは少し割高であることがわかります。

シックスパッドとスレンダートーンの価格(税抜)
ブランド 種類 定期便価格(税抜)
シックスパッド Abs Belt ¥39,800(S/M/Lサイズ)
¥43,000(LL/3Lサイズ)
Abs Fit2 ¥25,800
Body Fit2 ¥19,800
Arm Belt ¥22,800
Leg Belt ¥27,500
スレンダートーン アブベルト ¥19,850
コネクト ¥29,800
フィット ¥9,800
アーム ¥19,800
ヒープショーツ ¥24,800

【効果・性能】それぞれに独自のプログラムを搭載している。

シックスパッドとスレンダートーンにはそれぞれ独自の性能を用いており、それぞれに特性があります。その性能によって得られる効果には、個人差があります。そのため、一概に効果があるもしくは、ないということは言えません。それぞれの性能を知って、どちらが良いのかを検討してみましょう。

シックスパッドにはCMM Pulseという独自性能がある

シックスパッドには、前述した特徴の「低周波特有の痛みの軽減」を可能にした「CMM Pulse」という独自性能があります。

このCMM Pulseによって、トレーニングに効率的な20Hzを使用する一方で、低周波特有の痛みを軽減して筋肉刺激をすることが可能になりました。低周波で筋肉を刺激すると、ピリピリとした不愉快な痛みを感じることがあります。その痛みに耐えかねて、他のEMS機器の使用をやめてしまう人もいらっしゃいます。

そんな痛みを感じることなく、筋肉刺激をすることができるのです。

スレンダートーンにはC.S.Iテクノロジーとインナーマッスルへの効果が期待できる

スレンダートーンには、C.S.Iテクノロジー(Concentrated Slendertone Innervation Technology)という特許を取得した独自技術が採用されています。(特許:No.4112180)

このC.S.Iテクノロジーは、スレンダートーンで覆っている筋肉だけでなく、その周辺の筋肉までを広範囲に引き締めることを可能にした技術です。これにより、短時間でも効率的にトレーニングをすることができるのです。

また、 スレンダートーンにある正面と右脇腹、左脇腹の3つのパッドが腹横筋というインナーマッスルの筋収縮を起こしていることが確認されました。これは、豊橋創造大学大学院健康科学研究科の後藤教授の協力による実験で判明しました。

【刺激の強さ】シックスパッドとスレンダートーンの周波数と強さレベル

電流
シックスパッドとスレンダートーンの刺激の強さについて、紹介いたします。

シックスパッドは20Hzの周波数で20段階の強さがある

シックスパッドは、先ほど紹介しましたように森谷敏夫京都大学名誉教授の研究によって導き出された、トレーニングに効率的な20Hzの低周波によって筋肉を刺激します。これにより、筋力が発揮する力(筋肉の張力)を時間経過をしても保つことができるため、効率的なトレーニングをすることが可能になります。

電気刺激の強さは20段階あり、自分に合ったレベルで刺激をすることができます。

スレンダートーンは45~85Hzで150段階の強さがある

スレンダートーンは、45~85Hzの周波数で筋肉を刺激します。そのため、低周波特有の痛みなどは感じない可能性が高いでしょう。

また、150段階あり、細かく自分のレベルに合わせた強さで刺激をすることができます。

シックスパッドとスレンダートーンに必要な費用を比較

電卓を持つ女性
シックスパッドとスレンダートーンに必要な費用を、初期費用と維持費に分けて紹介します。

初期費用には購入費用しかかからない

初期費用としてかかるのは、それぞれの製品の購入費用しかかかりません。シックスパッドやスレンダートーンの初回分には専用の高電導ジェルシートもしくは、パッドが付属されているため、別に購入する必要はありません。

また、どちらの商品も送料無料で購入することができるため、送料の心配は必要ありません。

シックスパッドとスレンダートーンの価格(税抜)
ブランド 種類 定期便価格(税抜)
シックスパッド Abs Belt ¥39,800(S/M/Lサイズ)
¥43,000(LL/3Lサイズ)
Abs Fit2 ¥25,800
Body Fit2 ¥19,800
Arm Belt ¥22,800
Leg Belt ¥27,500
スレンダートーン アブベルト ¥19,850
コネクト ¥29,800
フィット ¥9,800
アーム ¥19,800
ヒープショーツ ¥24,800

維持費として専用のジェルシート(パッド)の購入が必要

シックスパッドやスレンダートーンなどのEMSの維持費に必要なのは、ジェルシート(パッド)代です。このジェルシートやパッドは消耗品であるため、定期的に交換をする必要があります。そのため、どちらの製品にもジェルシートやパッドを定期的に届けてくれる定期便への申し込みをしておくと良いでしょう。定期便に申し込んでおくと、ジェルシートを割引価格・送料無料で購入することができます。

シックスパッドの高電導ジェルシートの交換頻度は、取扱説明書で商品開封後1ヶ月を過ぎた時、または使用回数が30回程度になった時と推奨されています。
そして、シックスパッドの定期便は初回のみ購入から30日後に発送されて、2回目以降は定期便のサイクルを15日・30日・45日・60日・90日に変更することができます。

スレンダトーンであれば、40回(20時間)使用したら交換をすることが推奨されています。
スレンダートーン定期便では、通常購入から1ヶ月後にパッドが届きます。しかし、シックスパッドと違う点は、お届け希望日やお届け間隔を初回から変更できる点です。

シックスパッドとスレンダートーンの定期便でのジェルシート(パッド)の費用は以下の通りです。

ブランド 種類 定期便価格(税抜) 単品価格(税抜)
シックスパッド Abs Belt ¥3,920(20%OFF) ¥4,900
Abs Fit2 ¥3,040(20%OFF) ¥3,800
Body Fit2 ¥2,080(20%OFF) ¥2,600
Arm Belt
Leg Belt ¥2,320(20%OFF) ¥2,900
スレンダートーン アブベルト ¥3,600(20%OFF) ¥4,500
コネクト
フィット
アーム
ヒープショーツ

まとめ|シックスパッドとスレンダートーンのポイント

シックスパッド
  • 「20Hzの低周波」「CMM Pulse」「クリスティアーノ・ロナウド選手のトレーニングメソッド」の3つが特徴
  • 全部で5種類のシックスパッドがある
  • 最大の特徴が低周波特有の痛みを軽減する「CMM Pulse」という独自性能があるということ
  • トレーニングに効率的な20Hzによる刺激を20段階のレベルで変えられる
  • シックスパッドは、¥19,800~43,000で購入することができる
  • 高電導ジェルシートは使用後1ヶ月後を目処に交換し、定期便に申し込むことで割引価格で購入可能
スレンダートーン
  • 世界販売台数900万台を超えるグローバルブランド
  • 引き締め効果とボディバランスアップ効果の2つの効果が期待できる
  • 全部で5種類のスレンダートーンがある
  • C.S.Iテクノロジーによる周辺の筋肉への刺激とインナーマッスルへの刺激が特徴
  • 45~85Hzでの刺激を150段階で変えることができる
  • スレンダートーンは、¥9,800~29,800で購入することができる
  • 専用パッドは40回使用後を目処に交換し、定期便に申し込むことで割引価格で購入可能

価格や維持費、機能性に大きな差はなく、目的や現状どれくらいの筋肉量であるかによって適したEMSは異なります。シンプルな機能で洗練されたデザインのシックスパッドか、パーソナルトレーナーのように多様な機能性を持つスレンダートーンを選ぶかはあなた次第です。

【男女兼用】
スレンダートーン
「アブベルト」

  • ◆特許取得の独自性能「C.S.Iテクノロジー」を採用!

    ◆EMS機器市場5年連続売上金額No.1!!

    ◆世界販売台数900万台突破

アブベルトを詳しくみる

TOP