EMSのすべて

シックスパッドは電池交換が必要?種類や型番・充電方法を解説!

「シックスパッドは電池交換が必要なの?」
「どの型番の電池をシックスパッドに使う?」

電池式のシックスパッドを使用している場合、気になることの1つが電池交換ではないでしょうか?どの種類の電池を使うのか、電池交換はどうやってやればいいのか、電池はどのくらいもつのかなどが気になる人は少なくないはずです。

今回は、シックスパッドの電池について「種類」「価格」「寿命」「交換方法」さらには「入手方法」までご紹介します。

電池式のシックスパッドには「CR2032」のコイン電池を使う

コイン電池CE2302
シックスパッド本体には、「CR2302」と呼ばれるリチウム電池を使用します。コインの形をした薄いタイプです。ちなみに、シックスパッド本体には、電池を1つだけ使います。「電池切れで使用できない」なんてことにならないように、事前に交換用の電池を用意しておくと良いでしょう。

シックスパッドの電池は安くて100円(税抜)高くて500円(税抜)で購入できる

「CR2032」タイプの電池は、安いものであれば100円ショップで販売されています。「1個入り」もしくは「2個入り」で販売していることが多いです。

ちなみにできるだけコストを抑えたいという人は、ネットショップでの購入がおすすめ。購入先によって値段にはばらつきがありますが、安いものだと1個あたり15円という非常にお得な商品も販売されています。

シックスパッドに使う電池はどうやって買う?購入できる3つの手段

ここでは、シックスパッドの電池が購入できる場所をご紹介します。

(1)コンビニ

シックスパッドに使用するボタン電池は、コンビニで購入できます。

トレーニングの最中に万が一電池が切れても、近くのコンビニで購入すればすぐに使用できます
ただし、コンビニだと値段が少々高めになるので注意してください。

(2)100円ショップ(100均)

上でも述べましたが100円ショップでも購入できます。

多くは「1個入り」もしくは「2個入り」で販売しているので、まとめ買いでストックしておくと安心です。

(3)Amazonなどのネットショップ

コストをより抑えたい人は、ネットショップでの購入がおすすめです。
「100個入り」や「200個入り」など、一度に大量に購入できるのがおすすめポイント。上でも紹介した通り、値段も非常に安いです。

しかし大量に購入しておくデメリットとしては、電池が自然放電してしまう可能性があり、電池の容量が減ってしまうという点があります。

電池交換のタイミングは?音と寿命に注目

ここまで、電池交換の方法をご紹介しました。ですが、どのタイミングで電池交換すればよいのかわからず、困っている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、シックスパッドの電池を交換するタイミングについてご紹介します。

「ピピピピ」と音が鳴ったら電池を変える

実は、電池切れのタイミングになったときに知らせてくれる便利な機能が、シックスパッドにはついています。
「ピピ」や「ピピピピ」など、連続して音が鳴ったときは電池交換のタイミングです。

使用する側としては、すぐに電池交換が必要だとわかるので非常にありがたいですよね。また、トレーニングをしている途中でいきなり電池切れになったときも、電池を交換するタイミングです。

音で警告が違う!その音は電池の変え時ではないかも

  • ピーとなった時は電源が入ったとき
  • ピッとなった時はレベルが変わるとき
  • ピピっとなった時は最大レベル、最小レベルになった時
  • ピッ、ピッとなった時はジェルがきちんと体についていないとき
  • このように音によって、表している意味は異なってきます。
    電池が切れていないのに切れていると勘違いして、電池交換をしてしまうのは避けたいですよね。

    またジェルがきちんと貼れておらず、音が鳴ってしまうのにも注意が必要です。

    シックスパッドの電池の寿命はレベル8の使用で30回

    新品の電池をシックスパッドに使用した場合、レベル8で約30回ほど使用できます。
    レベルが15に近いほど、また低温になるほど電池の消費は激しくなるので注意してください。

    ちなみに、シックスパッドを購入した際に付属している電池はすぐに切れてしまうので、あらかじめ、予備の電池も購入しておくことをおすすめします。

    シックスパッドの電池交換方法は?3ステップで紹介

    せっかく電池を購入しても、交換方法がわからなければどうしようもありませんよね。ここでは、シックスパッドの電池の交換方法について解説します。順序よくやれば、迷うことなくスムーズに電池交換できますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

    【ステップ(1)】電池交換に必要なものを揃える

    シックスパッドの電池交換には、シックスパッド本体はもちろんのこと、「電池オープナー」も必要になります。シックスパッドを購入したときに付属しているものですが、一見飾りのように思ってしまうほど小さいので注意が必要です。

    電池オープナーがないと電池交換できないので、購入して手元に届いたら、しっかり保管しておくようにしましょう。

    【ステップ(2)】電池オープナーを使用して電池を取り出す

    必要なものを揃えたら、いよいよ電池を取り出します。

    シックスパッドを裏返すと、真ん中あたりに電池を入れる場所があります。よく見てみると、真ん中に凹みがあるのがわかるでしょう。
    そこに電池オープナーをはめ込み、反時計回りに回してください。

    次に、電池オープナーについている爪を利用して蓋を外せば、組み込まれている電池が取り出せます。
    この電池カバーは開けるとき、少し固めなので、自力で開けようとせず、付属の電池オープナーをきちんと使いましょう。

    【ステップ(3)】電池を交換して再度蓋(ふた)をする

    あとは電池を取り出して新しい電池を組み込みます。ここで重要になるのが、電池の向きです。「+」と書かれてあるほうを上向きにしてセットするようにしましょう。もし「-」を上向きにしてセットした場合、うまく作動しなくなるので注意が必要です。

    新しい電池をセットしたら、蓋をして今度は時計回りに回して終了です。

    まとめ|電池を安く購入したいなら、まとめ買いがおすすめ

    シックスパッドの電池について、価格や交換方法を紹介しました。どのように電池交換すればよいのか、この記事を参考にして確認しておきましょう。
    今回の記事の重要なポイントは

    • シックスパッド(電池式)には「CR2302」というコイン電池を使う
    • 「CR2302」は安くて100円(税抜)高くて500円(税抜)で購入できる
    • 「CR2302」はコンビニですぐ購入、しかし値段は高い!
    • 「CR2302」はAmazon、100円ショップでまとめ買い!価格もお手頃

    なるべく早く電池を購入したいなら利便性の良いコンビニで、値段を抑えたいならAmazonなどのネット購入がおすすめです。

    ちなみに、最新型のシックスパッドは充電式です。「充電式のほうがよい」という人は、合わせてチェックしてみてください。さらにシックスパッド以外におすすめしたいのが、最新型のシックスパッドと同じ充電式のスレンダートーンです。

    初心者から上級者向けまで計10種類のプログラムが用意されており、自分に合ったトレーニングができますよ。ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょう。

    TOP